根革の修理

もう一度、根革という部分の修理の意識と同時にモノを大事にする思いをみなさんに持っていただきたいのです。モノを大事にしない人が現代社会に増えて来ているのは、100円ショップで購入出来るような傘のように、いつ捨てても構わない商品に囲まれているせいです。

みなさんは、もっとレベルの高い商品に囲まれることによって、文化水準を高くすることが出来ますし、やがてモノという存在が、しっかりあなたの歴史を物語ってくれるでしょう。そのようなバッグを持てば、自ずと丁寧に扱うモチベーションも生まれ、修理してもらおうとする気持ちも起こるはずです。

バッグの根革が壊れてた程度では、一度修理してもらって、現状にほとんど近い形に回復してもらうことが出来ます。革のカラー・質感は、お店にあらかじめ用意してあるサンプルから選択してください。まず、お店では、壊れている革を本体から取り外す作業から行います。切り出したパーツを専用のミシンを使って、本体に縫いつけをして、最後に、金具を取り付けして作業は終了です。

とても簡単に出来るイメージもありますが、これはまさに修理業者ならではの職人芸ではないでしょうか。そのような人たちは、ずっと長い間、しっかりバッグと向きあって来た人たちなのです。